やり方に問題がある場合

設定を変更する方法

デフォルトの設定では、洗う時間は15分ほどで、脱水が8分になっていることが多いです。
しかしそれはやりすぎなので、効率の良い選択ではありません。
それぞれの時間がもっと短くても、衣類を綺麗に洗濯できます。
洗う時間は、10分ぐらいに短くしましょう。
脱水は、5分でも十分です。
洗濯機のコースを変えるだけでも、時間をかなり短縮できます。

コースを設定する方法を調べて、さっそく実行してください。
最近の洗濯機は、どれも機能性に優れています。
ですから洗う時間が短くなっても、汚れを綺麗に落とせるでしょう。
どうしても本当に綺麗になるのか心配だったら、洗剤を強力なものに変えてください。
それなら、短時間で汚れを落とせます。

おすすめの洗剤を使おう

これまで使っている洗剤は、すすぎが何回必要なタイプでしょうか。
2回すすぎをしなければいけない洗剤は無駄な時間が掛かるので、おすすめできません。
スピーディーに洗濯を終わらせるなら、すすぎが1回で終了するタイプを選択してください。
洗剤を変えることも、洗濯を効率化させる工夫に繋がります。

価格や、香りで洗剤を決めていた人が多いでしょう。
ですが時短を意識するなら、すすぎの回数が重要だと覚えておきましょう。
すすぎが1回で良い洗剤が増えているので、気に入る香りがするものも見つかると思います。
なかなか見つからなかったら、柔軟剤の効果に頼るのも良い方法です。
柔軟剤は良い香りがするものが多いので、納得できるでしょう。


この記事をシェアする