洗濯を効率化するためのテクニック

効率良く洗濯を済ませる方法

正しい洗濯機のコース

これまで選択に長い時間が掛かっていた人は、方法に問題がある可能性が高いです。
洗濯機を使っている人がほとんどでしょうが、コースを見直してください。
時間が掛かるコースになっていたら、自分でカスタマイズしてください。
特に脱水に時間が掛かっている人が多いです。
脱水は、5分ほどやれば問題ありません。
洗剤を見直すことでも、掃除の時間を短縮できます。
すすぎを何回すれば良いのかという部分に注目して、洗剤を選びましょう。

洗濯する時に、必要なものがセットになっているとすぐに行動できるので便利です。
ハンガーや洗濯バサミ、ネットなどはまとめておきましょう。
バラバラの場所に置いておくと、どこに何があったのかわからなくなってしまいます。
無駄な時間が掛かるので、整理してください。
よく使うものは、取り出しやすいよう前に持つて来るのが良い方法です。
逆に使用する頻度が少ないものは、奥の方に入れても問題ないでしょう。

洗濯は、乾いたものを取り込んでたたむまでが仕事です。
早くたためる方法を知ることで、時間短縮が可能になります。
綺麗で、簡単にたためる方法を知ってください。
覚えていれば、スムーズにたためるので便利です。
また、たたまないでハンガーにかけて保管するのも良い方法です。
すると洗濯物をたたむという時間をカットできるので、効率が良くなります。
工夫することで、洗濯を時短できます。
ポイントを意識して、これからの家事に取り組んでください。

やり方に問題がある場合

購入してから、ずっと洗濯機のコースを変えていない人が見られます。 しかしデフォルトの状態では、時間が掛かるかもしれません。 スピーディーに洗濯を終わらせるために、短いコースを設定することが重要です。 これまですすぎに何分、脱水に何分掛かっていたのか知ってください。

必要な道具をまとめておこう

洗濯に必要なものはまとめて、箱の中に入れておきましょう。 するとその箱を持って移動すれば良いので、すばやく作業を開始できます。 どこに何があるかわからない状態だと、探す時間が生まれるのでもったいないです。 時間を有効に使えるよう、洗面所を整理しましょう。

簡単なたたみ方をマスターしよう

洗濯物の、正しいたたみ方を知ってください。 時短になるたたみ方があるので、それをマスターすればスピーディーに作業が終わります。 洗濯して、干して終わりだと思っている人が見られます。 しかし洗濯ものたたむまでが仕事なので、ここでも時短ができないか考えてください。